コバルトブルー!沖縄の海で遊ぼう!

沖縄と言えば、「広く青い海」、「澄んだキレイな海」など、キレイな海をイメージする人も多いはずです。
この広くキレイな海では、マリンスポーツがオススメです。
ここでは、沖縄のコバルトブルーの海で楽しめる、「シュノーケリング」を紹介します。

・沖縄の海で楽しめる「シュノーケリング」

楽しい沖縄のシュノーケル
沖縄の海では様々な楽しみ方があります、その中の1つこのシュノーケリングです。
沖縄のシュノーケリングとい言うと、今や定番のマリンスポーツとして話題になっています。
しかし、楽しく遊ぶためには、そのマナーやルールをしっかり押さえておく必要があります。
シュノーケリングに慣れている方、また、初めての方も、今一度その内容を確認しておきましょう。

・シュノーケリングのメールやマナーについて

魚の餌付け

◆遊ぶ際は遊泳区域を守りましょう

まず、遊戯区域についてです。
沖縄の海では、シュノーケリングができる区域が制限されていますので、事前に確認しておいてください。
この区域は安全に遊べる場所として認められた区域ですので、遊泳区域以外の場所でのプレイは厳禁です。
たとえ安全に見えても危険な場所が多いので、絶対に立ち入らないようにしてください。
また、その中には漁場もありますので、泳ぐ時はインストラクターの指示に従ってください。
たとえ穏やかであっても相手は自然ですので、予想だにしない危険が起こる可能性があります。
「自分は大丈夫」、「少しぐらいなら問題ない」など、その過信が大きな事故を招くこともありますので気をつけましょう。

◆海には1人で入らず、必ず仲間と組みましょう

シュノーケリングのようなマリンスポーツを行う際は、必ず仲間と組むようにしてください。
プレイが初めての方の中には、興味本位もあり、自分1人海に入って行く人もいます。
このような単独行動は、時として大事故に繋がる可能性がありますので注意しておく必要があります。
海は広いので、何か起こった際、単独行動だと発見が遅れる可能性があります。
仲間がいれば助かる可能性があるケースでも、1人だとどうにもならないこともあるのです。
自分の能力を過信することなく、マリンスポーツを行う際は必ず2人以上で楽しむことが大切です。

◆アルコールは厳禁です

シュノーケリングで海に入る際、アルコールは控えてくだい。
もともと沖縄観光を楽しむのが目的だと言って、昼間からアルコールを楽しむ人もいます。
また、シュノーケリング当日にも、朝からお酒を飲んで来る人もいるかもしれません。
アルコールを摂取した後に海らに入ると、事故を起こす可能性が高くなります。
例えば溺れてしてしまった際、酔った状態では体が思うように動かなくなります。
このような事態を想定して、沖縄のショップ側でも色々と対策を立てています。
例えば、プロのダイバーが危険と察知したら、シュノーケリングの利用をお断りするところもあるようです。
せっかく観光で沖縄に来たのでお酒を楽しみたい方もいるでしょうが、マリンスポーツは危険も伴いますので、アルコールは必ず控えるようにしてください。

◆海やその周辺の環境を確認してください

海に入る時は、その環境をしっかり確認しておきましょう。
穏やかだった場合でも、波が急に激しくなることもありますので注意する必要があります。

シュノーケリングを行う際は、以上の点に注意してください。

・ルールやマナーに注意してください

マナーは守ろう
沖縄と言えばマリンスポーツが似合いますが、その中でもオススメは「シュノーケリング」です。
しかし、このスポーツはルールやマナーがありますので、プレイする際はその内容をしっかり把握しておくことが大切です。

沖縄観光が決まったらアクティビティを探そう!

沖縄のシュノーケリング予約
┗沖縄の観光シーズンはどこも混みます。沖縄観光が決まったら早めにアクティビティを予約しましょう!沖縄は何といっても海がきれいなのでシュノーケリングがおすすめです。